スポーツした後にも青汁を飲んでみよう

あなたは、普段スポーツをしていますか。手軽にジョギングやウォーキングという人も多いでしょう。また学生時代からの部活でやっていたものを、大人になっても続けているなんて人も多いでしょう。

健康的に生活をしていくためには、スポーツもやっぱりやった方がいいでしょう。

スポーツでリフレッシュ

やはりスポーツをするのも、体を鍛えるのもありますが、気持ち的にもリフレッシュできるからなんてこともあります。汗をかいてスッキリしたり、スポーツに集中して嫌なことも忘れたりと気分的な効果をいろいろともたらしてくれます。

また、仲間同士ワイワイガヤガヤやっているのが楽しいなんてこともあって、スポーツの効果は大きいでしょう。

スポーツしたあとは体の栄養素が

スポーツも身体を鍛えたり、気持ちの面でいい効果をもたらしてくれます。その一方で体の中では栄養素がスポーツでしょうひされてしまい、不足する状態になっています。

体から水分が失われてもいますし、ビタミン、カリウム、鉄分も失われています。過剰にスポーツをしてしまったり、炎天下など過酷なところでやっていくと、こうした栄養素などがすぐになくなってしまいます。すると、貧血や立ちくらみ、脱水症状になったりするのです。

スポーツをしている最中やした後には、栄養素を補充することが必要になってきます。

青汁を飲んでみよう

スポーツをしたあとだと、スポーツドリンクというイメージが強いですが、青汁だってスポーツドリンク並みに栄養素の補充には役立ちます。

青汁はケースや大麦若葉など野菜をベースにつくっていますから、安全性も高い上にビタミンやカリウムや鉄分が豊富に含まれています。ビタミンが疲労回復や筋肉痛防止に働きかけますし、鉄分は貧血防止に、カリウムもカリウムも血圧などに役立ちます。

青汁も今だとフルーツ入り青汁や抹茶や緑茶入り青汁が出ていて、苦くなく飲むこともできます。また、氷をいれれば冷たくてひんやりしておいしく飲むこともできます。ですので、スポーツの最中や終わった後には苦い思いもせずに、飲んでスッキリとすることも可能です。

また青汁に時分でフルーツを絞って味をつけたり、はちみつをいれて栄養を計算したりと、自分なりのアレンジを加えることもできます。トッブアスリートだと、自分のオリジナルのドリンクがあったりします。それを青汁で作れるのも、スポーツドリンクと違った点と言えます。

青汁を利用しよう

飲食の時だけでなく、スポーツのときにも使うと、ますます青汁の利用の幅も広がり、手放せなくなっていくでしょう。

青汁って副作用はあるの?

青汁は体にもいいと言われて、長い年月が経ちます。すでに多くの人々が利用しており、これからもその利用は広がってきそうです。

というのも健康志向がひろまっていて、野菜をベースにした青汁は薬ともサプリとも違って、より体にも安心だからです。

飲みやすくなったのも広まる要因

青汁と言うと、独特の苦味や匂いがあって、それが敬遠される要因でもありました。しかし、今だと各メーカーから、フルーツ青汁や豆乳入り青汁など、いろいろな種類が出て、味も美味しく飲めます。美味しく飲めるようになっても、もちろん青汁の効用は落ちることはなくて、安心して飲めます。

意外と苦味や匂いを我慢しながら、健康のためにと飲んでいた高齢者もいましたが、これからは高齢の方々も我慢せずに飲めるのです。

青汁の副作用はあるのか

そんな青汁を飲むことで、副作用や体調の異変が生じることはあるのでしょうか。本来は青汁を毎日飲んでも、副作用はないのです。体調を崩すと言うことはほとんどありません。

しかし、そんな青汁を飲むときに適量ではなく飲みすぎてしまうと、次のようなことを起こしてしまうかもしれません。

まずは下痢です。飲みすぎることで、腸の働きが過剰に反応してしまい、下痢を起こしやすくなることもあります。また、本来は食物繊維もとれて下痢が改善されるのですが、とりすぎたりふすることで逆に便秘してしまうなんてこともあるのです。

あと、とりすぎたりすると、嘔吐をしやすくなったり、頭痛を起こすなんて人もいます。

病院からの薬を服用している人は

たとえば、心臓の病気の治療をしていたり、血圧の病気の治療などでは、病院からの薬を飲むことになるでしょう。その場合、その薬と青汁が実は合わないなんてこともありえます。時々、頭痛や胃痛などで飲む一般の大衆薬品ならば、そんなに気にせずに間隔をあければ青汁を飲んでも大丈夫です。

しかし、病院からの専門的な薬については、念のために病院の先生に確認をしておくといいでしょう。特に青汁本来の副作用ではないのですが、相乗に働いて悪い副作用になることもあるのです。
たとえば、腎臓病の治療をしているときに、青汁を飲むことでカリウムが体内に蓄積されるなんてこともあり、それが体調を崩すかもしれません。またワーファリンと呼ばれる血液をサラサラにする薬を飲んでいるときに、青汁を飲むと、薬の効果をさげてしまうかもしれません。
「青汁大好き!青汁おすすめ比較ランキング」の記事によると、

青汁は「治療」ではなくトラブル知らずの体質に改善していくための健康食品

青汁は適量飲めば

普段は青汁を適量飲めば、全然問題はありません。もしも病院の薬を飲むときは注意をすればよいのです。

安心して青汁を飲みましょう。